読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It isn't easy to keep.

日々の生活を継続して記す

1週間

最終合格発表まで残り1週間だ!


信じて待つしかない。


私の今までの人生の中で最大のイベントかもしれない。



落ち着かない

結果発表まで落ち着かない。


なにをしたらいいのか?


今までは気にせず勉強していた(きたいしていなかった笑)


周りの人はみんな大丈夫といってくれる。(大丈夫じゃないなんていわないか笑)


合格していたら、なにかいいことをしたいな!



最終

今日は市役所の最終面接だった。


いい結果を期待しながら眠りにつくとしよう。

2次試験

なんやかんや2次試験を合格した。

次通れば全てから解放される。

がんばろう!

闇市

私のバイト先には高齢者の方が多い。

しかし、健康維持増進のために来られる方が多く、80歳後半の方でもかなりげんきだ。

たまたま私が今日監視をしていたときのこと。たまたま話が聞こえてきた。

昭和8年生まれで終戦のときに12歳だった。食べるものはなく、生きていくためには闇市を利用するしかなかった。(役人さんが実際配給されたものだけを食べていたら餓死をした。)

鶴橋や天王寺まで練り歩くもどこの闇市もうりきれだったらしい。(たまに残飯などはもらえたらしい。)

当時は配給制のため、勝手に食料を売ろうものなら逮捕された。

ただ、朝鮮人などの海外の人は例外だったのか逮捕されなかったらしい。

外国人を見つけては後をついていき食料を買ったらしい。それで命を食い繋ぎ、今ここにいる。

昔とは違い、食料が有り余っている時代。戦時中に生きた人々も逆に痩せるために運動をしたり、食事を制限するなど全く考えなかったのだろうか?

今度聞いてみようと思う。